個人民事再生についてのQ&A

借金の減額・再生計画について

Q借金は、再生計画ではどのようになるんですか?

A様々な基準に従い、減額されます。
まず、利息制限法によって計算しなおされます。消費者金融などの借金は、これで減額される可能性があります。
次に、借金の残金について、以下の基準で、最低弁済額に減額されます。

借金残額の最低弁済額
借金残額 最低弁済額
100万円未満の場合 借金の残額全額
100万円~500万円以下 100万円
500万円~1500万円未満 借金残金の5分の1
1500万円~3000万円以下 300万円
3000万円~5000万円以下 借金残金の10分の1

また、給与所得者等再生については、年収から生活費を除いた金額の2年分は、免除されません。最低弁済額と比べて、高い方を基準とすることになります(可処分所得基準)。

さらに、申請時の主要財産一覧表にある財産の総額から、自己破産した場合に債権者に分配される金額を計算します。この金額と最低弁済額とを比べ、高い方を基準にすることになります(清算価値保障原則)。

≪ 借金・債務整理Q&Aトップに戻る