自己破産についてのQ&A

破産全般について

Q破産って、解決までに時間がかかるんでしょう?

A一般の管財事件は、場合によっては半年以上かかります。
同時廃止の場合、申立てから大体3か月程度で免責されます。

破産は、本来は、債務者(破産者)の財産を分配するのを原則とし(管財事件)、かなり長い時間を必要とする手続きですが、個人の場合、目ぼしい財産がない、という方が大多数になります。そのときは、手続きの開始と終了が同時に宣言されます(同時廃止。ただし、法人の場合は同時廃止はありません)。
次に、免責の決定がなされるまで、申し立ててからおよそ3ヶ月程度です。

ただし、財産がある程度ある場合、財産がなくても、借金の原因がギャンブルや極端な浪費の場合(免責不許可事由)などは、管財人が選任されることがあります。この場合、管財人による財産の整理・換価によって債権者へ配当され、手続が終了することになります(配当して終了した場合は「手続終結」、配当が無い場合は「異時廃止」)
管財費用は、別途裁判所に支払う必要があり、破産の費用が高くなります。

管財事件では、個人の場合、実務上、およそ半年以内で終結・廃止されることを一つの基準にされていますが、事件が複雑になると、大幅に長期化することがあります。

※管財事件については、「注意点について『管財事件になるのは、どんなときですか?』」をご参照下さい。

≪ 借金・債務整理Q&Aトップに戻る