自己破産についてのQ&A

注意点について

Q退職金からも、支払わなければならないのでしょうか?

A8分の1は支払原資に当てられる可能性があります。

退職金は、給料の後払いの性質を持っています。ですから、現在も就業中では、計算を厳格にすることはできません。
そこで、退職見込み金額の8分の1が20万円を超える場合、見込み額の8分の1については、支払原資に当てられ、各債権者に債権額に応じて按分弁済を要求される場合があります(※詳しくは、管財事件になるのは、どんなときですか?を参照。)。

≪ 借金・債務整理Q&Aトップに戻る