自己破産についてのQ&A

注意点について

Q保険金なども解約しないといけませんか?

A解約返戻金が20万円を超える場合にありえます。

保険の実質的な支払人であるかどうかを調べ、破産者の財産と認められる場合で、解約返戻金が20万円を超える場合、債権者に按分弁済することを裁判所に求められる場合があり、解約する必要が出てきます(※詳しくは、管財事件になるのは、どんなときですか?を参照。)。

ただ、生命保険は、手続き中であっても、生活に必要な負担として認められるものでもあります。年齢的に入れない事情を破産手続の中で説明したり、破産手続きより前に生活費等が必要で、返戻金・掛け戻し金などを担保にして保険会社から借り入れをし、返戻金を20万以下になったということがあれば、借入金を支払原資にあて、保険の解約をせずに続行する場合あります。

≪ 借金・債務整理Q&Aトップに戻る